トップへ » 特別キャンペーン » 虫歯治療

【一般歯科(虫歯治療)】可能な限り、痛みの少ない治療を心がけて

一般歯科(虫歯治療)

「虫歯治療はキライだから、痛みがガマンできなくなくなるまで放っておこう」
という人はいらっしゃいませんか?

虫歯は初期段階で発見することができれば、フッ素入りの歯磨き粉によるブラッシング等で改善することができます。虫歯を放置していると、歯が溶かされてしまい、削らなくてはならなくなるのです。

当院では、細い注射針を使い、麻酔に工夫をすることで、可能な限り痛みの少ない治療を心がけております。虫歯治療がキライという方こそ、できるだけ早めに当院へお越しください。

このページでは、当院の痛みの少ない治療についてご説明させていただきます。

【当院の痛みの少ない治療の特徴1】適切な麻酔の使用

当院の痛みの少ない治療の特徴麻酔注射の痛みを減らす【表面麻酔】
「歯医者での麻酔注射がニガテ」という方には、注射の痛みを和らげる表面麻酔をおすすめしております。

まず歯ぐきに麻酔薬を塗り、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させることにより、麻酔注射をする際の痛みを減らせるのが表面麻酔です。

細い注射針を使用
当院では、極細針(33ゲージ※0.2mm)を使用し、表面麻酔と合わせて針を刺すときの痛みを軽減いたします。

治療中・治療後の負担も考慮し、麻酔の量を調節
通常、麻酔は1~2時間ほど効果が持続するため、話したり食事をしたりするときに不便になるものです。当院では、患者さんの症状に応じて、麻酔を最低限の量だけ使用いたします。

【当院の痛みの少ない治療の特徴2】できるだけ抜かない・削らない治療

当院の痛みの少ない治療の特徴悪い患部をピンポイントで削ります
「できる限り歯を抜きたくない」
「必要以上に歯を削ってほしくない」
虫歯治療を受ける方にとって、共通の思いではないでしょうか。

当院では、患者さんの想いに応えるために、できる限り歯を残す治療を心がけています。
拡大鏡を用いて、歯の非常に細かい部分の状態を把握することで、虫歯菌に感染した部分だけを取り除き、歯を削る量を最小限にとどめることができます。

治療を最小限に抑えるため"麻酔が必要ない"ケースも
拡大鏡を用いて、削る場所を必要最低限に抑えることにより、痛みを感じるところまで削る必要もなくなるため、麻酔が不要なケースもあります。

「不安からくる痛み」を解消するために
自分では見えにくい口の中だからこそ、虫歯治療に不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。当院では、患者さんにリラックスしていただけるように、声をおかけしたり、鏡で治療する場所を実際に確認していただけるようにしています。不安や痛みがある場合は、ガマンなさらずに、お気軽にお話しください。

虫歯の進行度と治療方法

C0CO
【症状】
虫歯初期の状態です。まだ穴が開いておらず、黒ずみも見られません。

【治療法】
歯の表面が溶けはじめている症状があるため、フッ素入りの歯磨き粉を用いてブラッシングし、再石灰化を促します。

C1C1 (エナメル質う蝕)
【症状】
虫歯菌によって表面のエナメル質が溶かされ、小さな穴が開きはじめている状態です。象牙質までは達していないので、まだ痛みはありません。

【治療法】
必要最小限の範囲で歯を削り、保険適応の白い詰め物を入れます。

C2C2(象牙質う蝕)
【症状】
虫歯菌により、エナメル質の下にある象牙質が溶け始めている症状です。冷たい物や甘い物がしみたり、さわると痛みを感じる段階です。

【治療法】
この状態まで進行すると、治療には麻酔が必要です。虫歯の進行度合によっては患部を削り、詰め物を入れる必要があります。

C3C3(神経まで達したう蝕)
【症状】
虫歯菌がエナメル質と象牙質を溶かしてしまい、神経まで達した段階です。激しい痛みを感じ、神経が壊死してしまった場合は膿が出たり、歯ぐきが腫れることもあります。

【治療法】
歯の根を治療する、根管治療が必要となります。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除きます。

C4C4(残根状態)
【症状】
歯は溶かされて、ほとんどなくなってしまい、根だけが残っている状態です。

【治療法】
抜歯が必要なケースがほとんどですが、治療できる歯質が残っていれば根管治療を行います。

【根管治療】神経が死んだ歯でも残せる可能性があります

根管治療

進行してしまった虫歯を治療せずに放置してしまうと、神経が死んでしまいます。さらに悪化してしまうと、虫歯菌が歯の根にまで及ぶリスクがあり、抜歯しなくてはならなくなるケースも多いです。

歯を抜かないために、歯の根を正常化する治療が根管治療です。

このページでは、当院の根管治療についてご説明いたします。


【根管治療】歯の根幹を洗浄・殺菌
根管治療根管治療は、大切な歯を抜かずに守るための治療です。

治療の流れとしましては、歯の神経を取り除いた後に専用器具を用いて、歯の神経が通っていた管(根管)の汚れや菌を除去し、洗浄・殺菌します。その後、患部に薬を充填し、詰め物をして治療は終了です。

非常に細かい根管は、肉眼で確認ができないため、治療が難しい部位と言えます。そのため、根管治療は再発を防ぐためにも豊富な経験と、熟練した技術が求められる治療なのです。

【当院の根管治療】患者さんに負担の少ない治療を心がけています当院の根管治療
当院の根管治療では、患者さんに負担がかからないよう、根幹の洗浄・殺菌の際に用いる消毒液の濃度を低くしています。通常の根管治療では11%濃度のものを使用しますが、濃度が高いため、口の中に漏れると粘膜がただれてしまう危険性があるのです。

当院では、1%濃度の消毒液を使用しています。1%濃度の消毒液でも、60度に温めることで、11%のものと同様の洗浄力を発揮することが可能です。歯の中で使用するため、60度といっても熱くなく、やけどをする心配もない安全な治療法といえます。


トップへ » 特別キャンペーン » 虫歯治療



TOPへ