トップへ » 特別キャンペーン » 歯周病治療

【歯周病とは?】気づかないうちに進行する、怖い病気

歯周病とは?

日本人の成人の8割ほどが感染しているといわれる歯周病。
「わたしは大丈夫」と思っていても、実は、気づかないうちに進行しているのが歯周病の怖いところです。

初期の段階では自覚症状がほとんどなく、腫れや出血などの症状が現れたときには、かなり進行しているといえます。そのため、早期発見・早期治療が重要となるのです。

このページでは、歯周病についてご説明いたします。

【歯周病の原因】歯周病菌が引き起こす感染症

歯周病の原因歯周病の原因は、歯と歯ぐきの間にできた歯周ポケットの歯周病菌です。虫歯菌と同じように、食べカスなどを栄養に歯周病菌が増殖して歯肉に炎症が起き、広がっていくことで歯ぐきや歯を支える骨を溶かしてしまいます。

そのまま放置してしまうと、歯が抜けてしまうリスクが高まりますので、歯周病かな?と思われたら、すぐにでも歯科医院で診察を受けるようにしてください。

全身疾患との深い関わりがある歯周病

全身疾患との関わりがある歯周病最近の研究によると、歯周病は全身疾患にも深い関連がある病気と言われています。

口内の歯周病菌が血管を通じて全身に広がってしまうことで、糖尿病・心臓血管疾患などに悪影響を与え、早産や低体重児出産のリスクを高めるというデータもあります。

歯周病を防ぐことは、全身の健康を守ることにもつながるのです。

●歯周病と関連のある全身疾患
・糖尿病
・肥満
・脳卒中
・早産/低体重児出産
・誤嚥(ごえん)性肺炎
・骨粗しょう症

歯周病の進行と治療方法

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)や歯石がつき、細菌が繁殖しはじめた状態です。歯肉に軽い炎症が起き、腫れ・出血が見られます。

【治療方法】
・ブラッシング指導による歯磨きの改善
・1~2回のクリーニングで、短期間の治癒が可能

中等度歯周病中等度歯周病
徐々に出血や口臭がひどくなっていき、歯周ポケット内の歯石が目立ちはじめます。炎症による骨の後退も見られます。歯周ポケットも深くなり、歯がグラつき始める段階。

【治療方法】
・歯周ポケットの奥に付いた歯石を除去する
・進行度により、歯周外科が必要となるケースもある

重度歯周病重度歯周病
歯肉が化膿して腫れあがり、歯を支える骨も溶けだしている状態です。歯槽骨が歯を支えきれなくなり、揺さぶるとグラグラと大きく動きます。

【治療方法】
・歯周外科の処置が必要
・歯の保存が難しい場合は、抜歯となることもある


トップへ » 特別キャンペーン » 歯周病治療



TOPへ