トップへ » 院長あいさつ » 「良い治療=治療の跡がわからない」そんな治療を目指して

「良い治療=治療の跡がわからない」そんな治療を目指して

院長あいさつ

「私が治療を受ける立場だったら、どうされたいか」
「家族の歯を治療するとしたら、どうするか」

を考えることが歯科治療の根本だと思っています。

ですが、虫歯や歯周病は、一度治療をしたとしても、普段のブラッシングなどのメインテナンスを怠れば、また再発してしまうものです。審美歯科治療や矯正治療なども、私が一方的に治療をするのではなく、患者さんと二人三脚でやっていかなければ治療はうまくいきません。

だからこそ、ご自分のお口の健康に関心を持っていただき、一度治した歯は定期的に予防歯科の専門的なメインテナンスなども活用していただきながら、大切な歯を守っていけるように、患者さんのパートナーでありたいですね。

また、当院の治療でこだわっているのは、「良い治療=治療の跡がわからない」という点です。せっかく虫歯や歯周病などが治ったとしても、傷が残ってしまったり、銀歯などで見た目が悪くなってしまうのでは、完全な治療とはいえません。

歯の機能の回復はもちろん、見た目の美しさまでを視野に入れた治療を行うことを目指してまいります。


トップへ » 院長あいさつ » 「良い治療=治療の跡がわからない」そんな治療を目指して



TOPへ